NYでお昼寝

ニューヨーク在住駐在妻です。アメリカ国内・国外旅行や観光、NY情報について綴ります。

【カナダ】モントリオール&ケベックシティ旅行記 観光スケジュールと基本情報まとめ

NYからカナダのモントリオール&ケベックシティへ6泊7日で旅行へ行きました。

モントリオール・ケベックシティ旅行記スケジュール詳細まとめ

 

モントリオールとケベックシティの基本情報や観光スケジュール、おすすめの時期やツアー、旅行の予約方法についてまとめます。

 

次の旅行先を探し中の人や、モントリオール・ケベックシティの観光プランを考え中の人のヒントになるよう書きましたので、ご参考になれば嬉しいです!

 

↓↓目次からお好きな箇所に飛べます

 

 

カナダ モントリオール&ケベックシティの基本情報

モントリオール

カナダ第二の都市で、フランス統治時代の名残が色濃く残る「北米のパリ」。

NYから飛行機でわずか1時間半という近距離で、ヨーロッパ式の街並みと美味しいご飯が味わえるとあって大人気の旅行先の一つです。

東京(成田)からも2018年にエア・カナダがモントリオールへの直行便を就航し、日本在住者からの人気も高まっています。

f:id:newyorkblog:20190315065151j:plain

 

ケベックシティ

ケベック州の州都であるケベックシティは北米唯一の城塞都市で、その旧市街は世界遺産に登録されています。

まるで絵本の世界に迷い込んだかのような別世界が味わえる、一生に一度は行くべき街です!

NYからは直行便があります。

日本からは経由便になりますが、モントリオールからバス・電車で約3時間ほどなので、ぜひ足を延ばしてみてください。

f:id:newyorkblog:20180406032914j:plain

 

カナダ モントリオール&ケベックシティ旅行

観光スケジュール

 

<1日目>

NYラガーディア空港からモントリオール国際空港へ飛行機で移動

【関連記事】カナダ・モントリオール国際空港でプリペイドSIMカードを購入した話

モントリオール到着後に空港内でプリペイドSIMカードを購入しました。おかげで道中で地図を調べたり、UBER(配車アプリ)を呼べたりとストレスフリーで過ごすことができました。 SIMフリーのスマホをお持ちの方はぜひ関連記事をご確認ください。

 

<2, 3日目>

モントリオール観光:旧市街、オールドポート、マギル大学、カルティエ・ラタン、プラトー・モン・ロワイヤル

 

<4日目>

モントリオールからケベックシティへVIA鉄道で移動

【関連記事】<メープル街道>モントリオール~ケベックシティ旅行 VIA鉄道に乗ってみた

カナダの国鉄VIA鉄道の人気区間、メープル街道を走るコリドー号で移動しました。関連記事ではチケットの予約方法、モントリオール中央駅の様子などをご紹介しています。

VIA鉄道でモントリオールからケベックシティへ

 

<5,6日目>

ケベックシティ観光:旧市街(アッパータウン、ロウアータウン、ケベック州議会、グランダレ通り)

 

<7日目>

ケベック国際空港からNYラガーディア空港へ飛行機で移動

 

おすすめ宿泊ホテル

・モントリオール 

【関連記事】モントリオール旧市街のおしゃれブティックホテル ウィリアムグレイ

旧市街で立地良し、インテリアが超おしゃれ、まったり過ごせるパブリックスペースもあり、過去泊まったホテルで暫定一番好きです。今時なブティックホテル好きな方におすすめです。

モントリオールお勧めホテル

 

・ケベックシティ 

【関連記事】【ケベックシティ】古城風ホテル・フェアモント ル シャトー フロントナック宿泊記

ケベックシティのホテルと言えば!フェアモントホテル。

ケベックシティの街中からもよく見える優美な姿はまるで古城のよう!

優雅な気持ちで過ごすことができました。 

ケベックシティおすすめホテル

 

お土産購入品

【関連記事】<カナダお土産>メープルシロップ専門店デリース エラーブル&シー

モントリオール旧市街にあるメープルシロップ専門店での購入品をご紹介しています。美味しい、高級感あるパッケージ、種類も豊富なので、自分用のお土産はもちろん改まったお土産にまで使えます! 

カナダメープルシロップお土産

 

モントリオール&ケベックシティのベストシーズン

モントリオールの各月平均気温

f:id:newyorkblog:20190314235731p:plain

出典:気象庁HP

 

5月~10月頃が一般的なベストシーズンです。

夏はモントリオールではジャズフェスティバル、ケベックシティでは夏祭り(音楽祭)が開かれ、短い爽やかな夏が満喫できます。

冬は極寒ですが、ケベックシティでは北米最大規模のウィンターフェスティバルが開催されます。

札幌雪まつり、中国・ハルビン氷祭りと並ぶ「世界三大雪祭り」の一つです。

雪で交通が乱れるリスクはありますが、雪景色のケベックシティはまるで映画のように美しいです。

 

紅葉のピークはいつ?

モントリオール・ケベックシティ間は紅葉が綺麗な観光ルートである「メープル街道」の一部にあたります。

自然現象なので確実なことは言えないのですが、ピークの時期は例年9月下旬~10月上旬です。

 

モントリオール&ケベックシティ旅行の予約方法

 

パッケージツアーを予約する

日本出発の場合、一番楽なのは移動と宿泊がセットになったパッケージツアーを予約することです。

移動と宿泊のみのシンプルなプランから、添乗員&食事付きでスケジュールががっちり組まれているツアーまで種類は多岐に渡るので、各自お好みのパッケージツアーを選べます。

 

各旅行社からモントリオールとケベックシティの両方に行くツアーを選びました。

 

★フリープラン

HIS:モントリオールと城壁の世界遺産の街ケベックシティを巡る旅

概要:モントリオール2泊+ケベックシティ2泊の計4泊6日の旅(延泊可能)。

エアカナダでの往復航空券、空港送迎、モントリオールからケベックシティへのVIA鉄道と送迎、宿泊費がセットになっています。

現地では自由行動なので、自分たちで観光したい派の人たちにおすすめ。もちろん、オプショナルツアーに追加で申し込めば、日本語ガイド付きで観光できます。

早割もあるのでチェックしてみてください!

 

近畿日本ツーリスト:モントリオールとケベック フリープラン 7日間

 

★添乗員・ご飯つきツアー

JTB:フェアモント・ル・シャトーフロントナックに泊まる 秋色の東部カナダ周遊

概要:ナイアガラの滝→ケベックシティ→ロレンシャン高原→モントリオールをめぐる6泊8日。

ナイアガラでは滝の見えるお部屋に、ケベックシティでは私も泊まったフェアモント ル シャトー フロントナックに宿泊します。

到着日と最終日の夕食を除く、すべての朝昼晩ご飯つき。

 

 

パッケージツアーのデメリットは自分で航空便や宿泊先を選べないことです。ホテルのランクは変えられる場合も多いので、吟味してみてください。 

 

航空券・ホテルを個別に手配

自分で宿泊先や航空会社をこだわって選びたい!という方はこちら。

私はいつも航空券はエクスペディアで検索してどんな時間帯・航空会社の便があるかを確認し、手配します。

ホテルはエクスペディアBooking.com で口コミを確認して候補を絞った後、価格を確認し予約しています。

移動は自力でタクシーやUBERを駆使しています。旅慣れ・海外慣れしている人にお勧めの方法です。

 

おすすめの現地オプショナルツアー

フリープランの場合、日中の観光は現地オプショナルツアーに参加するのがおすすめです!

無駄なく回れて自力で移動手段を調べる手間もないので、時間と労力を節約でき非常に効率的。

 

「オプショナルツアーって慌ただしくない!?」

と思われるかもしれませんが、有名どころに一通り連れて行ってもらった後、もし気に入った場所があれば残り時間に再訪してゆっくり思うように過ごすことも出来ます◎

現地のガイドさんから詳しい説明も日本語で聞くことができ、理解も深まります。

 

★モントリオール

>>JTB:定番のモントリオール半日市内観光

概要:セントジョセフ寺院→モンロワイヤル展望台→ジャンタロンマーケット→ノートルダム大聖堂→ジャックカルティエ広場を車と地下鉄を使って半日で効率よく巡るツアー。

半日でこれだけの主要観光スポットをまわれるのはかなり魅力的!

午前発か午後発を選べる柔軟さもステキ。

 

★ケベックシティ

>>JTB:歩いてまわるケベック旧市街観光

概要:旧市街のダルム広場、テラスデュフラン、トレゾール小路、ノートルダム教会、首おれ階段、プラスロワイヤル広場、プチ・シャンプラン通りなどを徒歩で散策しながらご案内。

もし自分で行くとしたらただ通り過ぎるだけで終わってしまうところを(私がそうです・・・)、日本語ガイドさんの詳しい解説を聞きながらお散歩できます。

 

★モントリオール発、ケベックシティ日帰り

JTB:人気のVIA鉄道ビジネスクラスで行く、ケベックお気軽プラン<ケベック徒歩観光付/モントリオール発>

概要:朝9時頃 VIA鉄道・モントリオール中央駅出発 → 12:30頃ケベック駅到着、ガイドがお迎え、ケベック旧市街へ移動(車)→ 徒歩で旧市街観光・フェニキュレール乗車 → 16:00 自由行動 ※ご自身でVIA鉄道・ケベック駅へ移動 → 17:45頃 VIA鉄道・ケベック駅出発 → 21:00 VIA鉄道・ビジネスクラスにてモントリオール中央駅到着後解散

 

日帰りでモントリオールからケベックシティに行けるツアー!

VIA鉄道の往復券だけでなく、ケベックシティでの現地観光ツアーもついていて満足度が高い。

 

モントリオール&ケベックシティのガイドブック

地球の歩き方の情報量がすさまじいです!まるで参考書のよう。 

キンドル版もあります。 

 

おすすめのポケットWiFiレンタル

SIMフリーのスマホではない場合、グループ旅行の場合はポケットWiFiをレンタルして行くことをお勧めします!

モントリオールは流しのタクシーが少なかったので、UBER(配車アプリ)に何度もお世話になりました。

私の家族が遊びに来る際にいつも使っているのは、グローバルWi-Fiです。

こちらの記事で詳しくご紹介しています>>ニューヨーク旅行にポケットWi-Fiレンタルは必要です!

 

下記バナーからお申込みいただくと、1,000円引きになるのでチェックしてみてください! ※合計金額4,000円以上の場合(オプション・手数料等は含まない)

グローバルWiFiの詳細・申込はこちらから 

 

カナダ電子渡航許可証(eTA)の申請をお忘れなく!

カナダに空路で入国する場合、電子渡航許可証(eTA)が必要です。(アメリカのESTAのようなもの)

オンラインで簡単に申請できますので、出発までに申し込みをお忘れなく。

 

公式日本語サイト→ 電子渡航認証 (eTA) を申請する - Canada.ca

 

以上、長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

少しでもお役に立てればうれしいです。