プレスンシールは安全? 粘着剤の危険性について

2021-05-15

プレスンシールは安全? 粘着剤の危険性について

「プレスンシールって便利だけど、この粘着剤は安全?危険?」

「食品に直接ベタベタがついても大丈夫?」

と思っている方に向けて、

  • プレスンシールの危険性について英語で検索した結果
  • プレスンシールの使い方いろいろ
  • プレスンシールの購入場所

についてまとめました。

 

コストコなどで販売され大人気の食品ラップ・プレスンシール(Press'n Seal)

アメリカ在住の我が家でもキッチンの一軍メンバーとして大活躍しております。

普通のラップではつかないところに使える便利商品ですが、お皿などにベタベタした粘着剤が残ることありませんか?

冒頭に書いた疑問が浮かんだため、調べてみました。

今日から安心してプレスンシールを使いましょう♪

 

プレスンシールの危険性について調査してみた

製造元であるGladの公式サイトで確認しました。

プレスンシールの粘着剤は食品用としてFDA(アメリカ食品医薬品局)によって許可されたものです。

野菜やフルーツのラベルにも使われる粘着剤とのこと。

Is it safe to use Glad® wraps directly on food?
Yes, the ingredients in Glad ClingWrap and Glad Press’n Seal Wrap have been approved by the FDA for use on food. In fact, the adhesive we use for Press’n Seal Wrap is frequently found on fruit and vegetable labels.

出典:https://www.glad.com/faq/

※FDAとは日本でいうと厚労省にあたる政府機関

 

加えて、BPAとフタル酸エステルも使われておりません

Do Glad® products contain BPA or phthalates?
No. All Glad food protection products do not contain any phthalates or polycarbonate, nor is Bisphenol A (BPA) used as a raw material in their production.

 

「許可されているとはいえ、食品に直接ベタベタが触れるのには抵抗がある!」

「BPAのかわりにどんな物質使ってるの?」

と思われる場合には、食品に直接触れない用途で使ったり、蜜ろうラップに切り替えたりする方がいいかもしれませんね。

 

プレスンシールの使い方

普通のラップが付かない面にくっつく

普通のラップだとくっつかない、木、紙、金属のお皿やフライパン。

プレスンシールであればくっつきます!

残り物を保存するのに便利。

 

密封して保存できる

お肉を小分けにして冷凍したり、半分のこったアボカドを密封して保存したり。

おにぎりやサンドイッチをくるんでピクニックにも使えます。

 

食品以外の応用編

  • 冷蔵庫や、ごみ箱の底に敷いて掃除を簡単に
  • お菓子作りの際に、キッチンカウンターをカバー
  • 絵の具でお絵かきする際に、下に敷いたりエプロンにしたり
  • 旅行時に液漏れが心配なボトルをくるんで液漏れ防止

使い方は無限大!

 

プレスンシールはレンジOK?

電子レンジにかけて大丈夫です。

箱にも公式サイトにも「Microwave Safe」と記載があります。

プレスンシールは電子レンジOK

ただし、注意点も書き添えられています。

(拙訳)ラップが溶けないよう、ベーコンなど脂肪が多いものや、焼き菓子など糖分の多いものは電子レンジ内でラップに直接触れないようにすること。

電子レンジ使用時には、蒸気の抜け穴として一部を折り返すこと。

プレスンシールの使い方

 

プレスンシールの購入場所

日本ではコストコの他、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングにて購入できます。

 

まとめ:プレスンシールは安全? 粘着剤の危険性について

  • プレスンシールに使われている粘着剤は食品用に認可されたもの
  • プレスンシールの使い方は無限大!

安心してプレスンシールを活躍させましょう。

 

▽合わせて読みたい関連記事

クチポールのゴアは使いにくい?サイズ・使い心地レビュー

クチポール【ゴア】は劣化する?1年超愛用した結果とお手入れ方法

 

-アメリカ生活

© 2021 ニューヨークでおひるね