NYでお昼寝

ニューヨーク在住駐在妻です。アメリカ国内・国外旅行や観光、NY情報について綴ります。

銀座ウエスト2019年ウィンター缶はニューヨーク・セントラルパーク!

老舗洋菓子店・銀座ウエストのウィンター缶詰め合わせをいただきました。

 

2019年ウィンター缶の図柄はニューヨーク・セントラルパークのスケートリンク!

 

銀座ウエスト・ウィンター缶の実物の写真や中身、モチーフとなるセントラルパークの絵を描いた画家について、実際のスケートリンクの写真も合わせてご紹介します。

 

銀座ウエストウィンター缶2019年

 

 

銀座ウエストのウィンター缶はニューヨーク・セントラルパーク

 

毎年11月に限定で発売される銀座ウエストのウィンター缶。

今年2019年の図柄はニューヨーク・セントラルパークのスケートリンク!

 

 

ウィンター缶という名の通りの白い雪景色。

でも人々のお洋服がカラフルで、温かみのあるかわいい絵柄!

 

側面まで手が込んでいます。

銀座ウエストウィンター缶2019年

 

英国人画家 Judy Joel(ジュディ・ジョエル)氏とは

 

缶のモチーフとなったのは、イギリスの女性画家 Judy Joel氏の”Skating Rink, Central Park”という作品です。

 

Judy Joel氏はロンドンのBBCで働いたのち、絵を描き始めました。

イギリス南西端のコーンウォール地方へ移り住み、現在は旦那さんとThe Little Picture Galleryというギャラリーを営んでいます。

公式サイト>>Little Pictures | The Little Pictures Gallery

 

ジュディはすべての絵に彼女の母親と犬を描いています。常に夢を追い求めるよう励ましてくれていた母親への感謝を込めて。

参照:Judy Joel | Little Pictures

 

とあるので、探してみると、

 

いました!お母さんとワンちゃん!

JodyJoel作セントラルパークのスケートリンク

リンクの外でお散歩しています。

 

実際のスケートリンク@セントラルパークの様子

 

はじめて缶の絵を見たとき感じました、デジャブを。

 

角度は違いますが、実際のセントラルパークにあるスケートリンクの写真はこちら。

セントラルパークのスケートリンク

寒々しい雪景色と、スケートを楽しむ人々の活気。

そして背後にそびえる建物の都会さ。

すごく特徴とらえてますよね。

 

銀座ウエスト・ウィンター缶詰め合わせの中身

 

肝心の缶の中身は、ドライケーキ15袋入り。

銀座ウエスト詰め合わせの中身

※リーフパイ3枚+ヴィクトリア2個+バタークッキー2枚+ウォールナッツ2枚+マカダミアン2枚+塩クッキー2枚+ガレット2個

 

以前、某メガバンクの秘書をしている友人に聞いた鉄板手土産の一つが銀座ウエストだったんです。

さすが秘書のお墨付き。文句なしの美味しさで、あっという間に食べつくしました。

定番のリーフパイも好きだけど、個人的な一押しは塩クッキー!

 

もちろん缶は捨てずにとっておきます。

何を入れようかな。

 

以上、日本の老舗洋菓子店とニューヨークのコラボ(?)についてご紹介しました。

 

▼合わせて読みたいニューヨーク情報

ニューヨークの無料WiFi事情