NYでお昼寝

ニューヨーク在住駐在妻です。アメリカ国内・国外旅行や観光、NY情報について綴ります。

自由の女神 公式フェリーのチケット事前予約方法 【2020年最新】

ニューヨーク観光で絶対に外せない、自由の女神!

 

ニューヨークの象徴といえる観光地なだけに、自由の女神がいる「リバティ島」は一年を通して観光客で混雑しています。

 

リバティ島へ行く唯一の方法が、公式フェリー「スタチュークルーズ」です。

当日に現地のチケット窓口でチケットを購入することも可能ですが、特にハイシーズンは長蛇の列であるため、公式サイトでも事前のチケット予約が推奨されています。

なかでも一番人気の「女神の王冠」まで入れるチケットは3-6か月前でないと予約できないほどの争奪戦!

 

この記事では、自由の女神公式フェリー「スタチュークルーズ」チケット4つの購入方法、および公式サイトからの事前予約&購入手順(画像付き)について詳しく解説していきます。

 

自由の女神公式クルーズ予約方法

 

 

自由の女神 基本情報

 

自由の女神

 

【英語の正式名称】

The Statue of Liberty Enlightening the World (世界を照らす自由) 

 

【所在地】

リバティ島

Liberty Island, New York, NY 10004  

 

【定休日】

感謝祭(11月第4木曜日)、12/25 

※その他、天候によるフェリー欠航の可能性あり

 

【アクセス方法】

公式フェリー「スタチュークルーズ(Statue Cruises)」

 

!ご注意

リバティ島に上陸できるのはスタチュークルーズだけです。

バッテリーパーク周辺に、リバティ島に上陸しない非公式なフェリーのチケットを高値で売っているキャッチセールスがいます。

かなりアグレッシブに話しかけてきますが、相手にしないようご注意くださいませ。

 

公式フェリー「スタチュークルーズ」基本情報

 

【出発地】

フェリーの出発地は二か所あります。

・マンハッタンのバッテリーパーク Googleマップ

・ニュージャージーのリバティステートパーク Googleマップ

※観光客はバッテリーパークからの乗船がほとんど

 

【フェリーの航路】

航路も下記2パターンあります。

・マンハッタン→リバティ島→エリス島→マンハッタン(下記図黒)

・ニュージャージー→エリス島→リバティ島→ニュージャージー(下記図青)

自由の女神フェリーの航路

出典:Directions - Ellis Island Part of Statue of Liberty National Monument (U.S. National Park Service)

エリス島とはかつて移民局があった場所で、現在は「移民博物館」になっています。 

別記事に詳細と見どころをまとめましたので、合わせてご覧ください。

【関連記事】エリス島「移民博物館」見どころ | 移民の国アメリカの玄関

 

【フェリー時刻表】

フェリーの出発時刻は季節によって異なります。

↓↓公式サイトで確認

Departure Schedule - Statue Cruises

THE STATUE OF LIBERTY EXPERIENCE | Statue Cruises

 

チケット種類と料金

 

自由の女神「スタチュークルーズ」のチケットは4種類あります。

 

自由の女神フェリーのチケット種類

出典:Statue of Liberty and Ellis Island Tickets | Statue Cruises

 

どのチケットにも共通して含まれているのは下記四点。

・リバティ島+エリス島への上陸

・エリス島「移民博物館」入場

・リバティ島「自由の女神博物館」入場

・オーディオガイド(日本語あり)

 

チケットごとに違う部分を上から順にご説明します。

 

1.RESERVE TICKET

一番オーソドックスなチケットです。

自由の女神の内部へは入れません。

 

【料金】

 一般  19.25ドル
 シニア(62歳以上)  14ドル
 子ども(4-12歳)  9ドル
 4歳未満  無料

 

2.PEDESTAL RESERVE TICKET

自由の女神の台座まで登れるチケットです。

 

【料金】

 一般  19.25ドル
 シニア(62歳以上)  14ドル
 子ども(4-12歳)  9ドル
 4歳未満  無料

 

 3.CROWN RESERVE TICKET

自由の女神の王冠まで登れるチケットです。

 

【料金】

 一般  22.25ドル
 シニア(62歳以上)  17ドル
 子ども(4-12歳)  12ドル

※4歳未満は王冠に入場できません

※王冠までは162段の狭い階段を登らなければならず、エレベーターはありません。

 

4.HARD HAT RESERVE TICKET

エリス島の移民病院ガイドツアー(90分)付きチケットです。

 

【料金】

 一般  59.25ドル
 シニア(62歳以上)  54ドル

※13歳以下は参加できません

 

自由の女神 公式チケット予約&購入方法

 

自由の女神の公式「スタチュークルーズ」チケットを入手するには、

1.公式予約サイトから予約(英語)

2.当日窓口でチケット購入(英語)

3.ニューヨークシティパスを購入(日本語)

4.ツアー会社からオプショナルツアーを予約(日本語)

の4つの方法があります。

 

英語で予約できる方は1、

自由の女神以外にも有名観光地を回る方は3、

日本語予約&日本語ガイド付きで安心かつ効率的に行きたい方は4がおすすめです。

 

ひとつづつ詳しくご紹介していきます!

 

公式予約サイトから予約(英語)

 

公式サイト>>THE STATUE OF LIBERTY EXPERIENCE | Statue Cruises

 

ざっくり説明すると下記4ステップです。

 

1.チケットの種類を選ぶ

2.出発地を選ぶ

3.フェリーの日時を選ぶ

4.代表者の個人情報とクレジットカード情報を入力

 

詳しくみていきます!

 

1.チケットの種類を選ぶ

公式サイトへ行き、赤字の「TICKETS」をクリックします。

自由の女神クルーズ公式サイト

 

すると、チケットの種類を選ぶ画面になります。

自由の女神チケットの種類

チケットの詳細はチケットの種類と料金をご覧ください。

購入するチケットが決まったら、該当チケットの「BUY」をクリックします。

今回は一番人気の王冠まで行けるチケット「CROWN RESERVE TICKET」を選択してみます。

 

2.出発地を選ぶ

次に、フェリーの出発地点を選びます。

マンハッタン拠点の方は「ニューヨーク(バッテリーパーク)発」を、ニュージャージー拠点の方は「ニュージャージー発」を選び、下の赤枠「BUY DEPARTING FROM~」をクリック。

自由の女神チケット予約

 

3.フェリーの日時を選ぶ

日時を選ぶ画面に飛びます。

大人、子供、シニアで分かれているので、購入したいチケットの「SELECT DATE/ TIME」をクリック。

自由の女神チケット予約2

 

2020年2月25日現在、2020年6月2日以降のチケットが購入可能です。

約3か月先ですね。

観光客が多い夏のハイシーズンはもっと争奪戦になります。

自由の女神チケット予約カレンダー

薄いグレーが購入可能、白は売り切れ(上の画面だと6/1、6/6)です。

 

購入可能な日付をクリックし、フェリーの時間を選びます。

自由の女神チケット時間選択

一番左の数字が残っているチケットの枚数、「SOLD OUT」は売り切れです。

プラス「+」をポチポチ押して必要枚数を表示し、「CONTINUE」をクリック。

日付を選びなおす場合は「CHANGE DATE」をクリックします。

 

ここで選ぶ時間は出発地のセキュリティゲートに入れる時間です。

フェリーの出発時間ではありません。

リバティ島およびエリス島で十分な時間を過ごすためには、早めの時間帯を予約することをおすすめします。

 

違う年齢のチケットが必要であれば、日時を選ぶ作業を繰り返します。

購入分を選び終わったら、赤枠の「ADD TO CART」へ進んでください。

自由の女神チケット予約画面3

 

カートの中身詳細と合計金額が出てくるので内容を確認します。

ここでチケット枚数の変更も可能です。

 

自由の女神チケット予約4

 

問題なければ、赤枠の「CHECK OUT」をクリック。

個人情報の入力へ進みます。

 

4.代表者の個人情報とクレジットカード情報を入力

まず代表者(クレジットカード名義人)の個人情報を入力します。

 

自由の女神公式クルーズ予約画面の個人情報例

記入項目は下記の通り。

記入例は東京都千代田区丸の内1-1-1の山田花子さんです。

First Name  名前 (Hanako)
Last Name 苗字 (Yamada)
Street 住所 (1-1-1, Marunouchi, Chiyoda-ku)
City 都道府県 (Tokyo)
Country Japan を選択
Zip Code 郵便番号 (123-4567)
Phone Number 電話番号 (日本の国番号+81をつけて、最初の0をとる)
Mobile 携帯番号 (日本の国番号+81をつけて、最初の0をとる)
Email Address メールアドレス
Confirm Email Address メールアドレス(上と同じアドレスを確認用に入れる)

 

続いて少し下へスクロールし、クレジットカード情報を入力します。

自由の女神チケット予約6

CVVとは、カードの裏面に書かれている3桁のセキュリティ番号です。

 

「Terms and Conditions(利用規約)」に同意するボックスにチェックをつけます。

入力した内容を再度確認した後、一番下の「SUBMIT ORDER」をクリックすると注文が確定されます。

最終確認画面へ進み、そこで予約は完了です!

 

登録したメールアドレスにeTicketsが添付された確認メールが届くので、当日までに印刷、もしくは当日スマホ画面で提示すればOKです。

 

当日チケット窓口でチケット購入(英語)

予約なしで当日バッテリーパークにあるチケット窓口にてチケットを購入することも可能です。

ただし、特にハイシーズンは長蛇の列になっていたり、すでに売り切れていたりする可能性が高いです。

また路上に非公式チケット業者が多いことから、オンラインで事前購入することが公式サイトでも強く推奨されています。

参考: Fees & Passes - Ellis Island Part of Statue of Liberty National Monument (U.S. National Park Service)

 

チケット窓口の営業時間は季節によって異なります。

その日の始発フェリー30分前にオープンし、最終フェリーの1時間半前にクローズです。

前述の通り、路上で非公式チケットを売るキャッチセールスからは絶対に購入しないようお願いします。

 

【チケット窓口の場所】

Castle Clinton in Battery Park 

 

ニューヨークシティパスを購入(日本語)

「日本語で予約したい!」

「自由の女神の他にも、有名観光スポットに行く予定だ」

 

という人におすすめなのが、ニューヨーク・シティパス(New York CityPASS)です。

 

ニューヨーク・シティパスとは、ニューヨークの人気観光スポット9つから、お好きな6つを選んで利用できる便利なトラベルパスのこと。

自由の女神とエリス島クルーズも選べます。

※台座や王冠には登れません

 

パスは最初の利用日から連続する9日間有効なので、行く日を柔軟に選べるのが嬉しい。

天気や体調を見ながら予定を決めたい場合にもとても便利!

 

【kkday】ニューヨーク・シティパス(New York CityPASS)|6施設利用可能

 

 

★ニューヨークシティパスに含まれる観光スポット一覧

(1) エンパイア・ステート・ビル展望台

(2) アメリカ自然史博物館

(3) メトロポリタン美術館

(4) グッゲンハイム美術館またはトップ・オブ・ザ・ロック展望台*いずれか1つ

(5) 自由の女神とエリス島クルーズまたはサークルライン・クルーズ*いずれか1つ 

(6) 911メモリアル・ミュージアムまたはイントレピッド海上航空宇宙博物館*いずれか1つ

 

これだけ回れて132ドルなので、うまく使いこなせばかなりお得なパスです!

クチコミも4.8点(5点満点)と高得点。

がっつり観光予定の方はぜひご活用ください。

 

>>ニューヨーク・シティパス(New York CityPASS)の詳細をみる

 

ツアー会社からオプショナルツアーを予約(日本語)

ツアー会社が主催する日本語オプショナルツアーに参加する方法もあります。

 

公式サイトから予約するよりも割高になりますが、日本語で予約でき、当日も日本語ガイドさんと行動できるので安心です。

日本語で解説を聞けることから理解も深まり、限られた時間で効率的に観光できます。

 

JTBやベルトラ等のツアー会社から、リバティ島上陸+他の人気観光地とセットになったオプショナルツアーが用意されています。

 

【JTB】地下鉄で行く市内観光 ~自由の女神上陸とグラウンドゼロ~

・・・ウォール街・グラウンドゼロ周辺観光つき

 

【MAPPLEアクティビティ】地下鉄で行く自由の女神 + ワン・ワールド展望台入場チケット付き

 ・・・ワン・ワールド展望台のチケットつき

 

【ベルトラ】ニューヨーク観光ツアー 自由の女神リバティ島上陸+ワールドトレードセンター跡地+ハイライン+チェルシーマーケット+マンハッタン車窓観光<半日/日本語ガイド>

・・・グラウンドゼロ・ハイライン・チェルシーマーケット観光つき

 

ご自身の予定に合わせて、ツアーの内容・料金を比較検討してみてください。

 

エリス島「移民博物館」見どころ | 移民の国アメリカの玄関

www.ny-blog.com

 

▼合わせて読みたいニューヨーク情報

NY旅行にポケットWi-Fiレンタルは必要です!

アポロシアターのアマチュアナイトに行こう!【チケット予約・当日の様子】

ニューヨークのブルーノート 予約方法・行く前に知りたい基本情報