海外赴任前に日本のクレジットカードを見直すべき理由

2019-07-25

日本のクレジットカード見直し

海外赴任・引越しを控えるあなたは、いま日本でクレジットカードを何枚お持ちでしょうか?

年会費はかかっていませんか?

 

この記事では、

  • 海外引越し前に日本のクレジットカードを見直すべき理由
  • 海外駐在中に持つべき日本のクレジットカード
  • 年会費無料のクレジットカード紹介

についてまとめました。

 

▽アメリカ・NYへの海外引越しにあたり、準備すべきこと等をまとめています。

まとめ記事>>海外引越し(アメリカ・NY)まとめ 準備一覧

 

海外赴任前に日本のクレジットカードを見直すべき理由

私は海外(アメリカ)に引っ越す前、日本のクレジットカードを二枚持っていたのですが、両方とも年会費がかかっていました

ほとんど使用していないカードの年会費を引き続き払っていたことに気が付いたのは、渡米して二年程経ってからでした・・・。

なんてもったいない!!

日本で暮らしている分には、年会費以上の恩恵を受けられたから無意識だったんです。

 

「じゃあ出発前に全部解約しちゃえばいいんじゃない!?」

と思われたかもしれませんが、全部解約してしまうのはお待ちください!

海外に住んでいても日本のオンラインショッピングや、一時帰国の際に日本のクレジットカードを使う機会があります。

日本のお店やオンラインサイトは海外発行のカードが使えない場合も多いんです。

また、引越し直後で海外のクレジットカードを入手するまでは、日本のカードで支払う事になると思います。

 

海外駐在中に保有(キープ)すべき日本のクレジットカード

引越し先がアメリカの場合、おすすめは

  • VISAかマスターカード
  • 少なくとも2枚

持つことです。

 

引越し直後にアメリカで日本のクレジットカードを利用することを考えると、VISAかマスターカードであるべきです。

理由は、北米のクレジットカードが使えるお店でVISA・マスターを使えないお店はない!(多分)からです。

5年以上暮らしていますが、「VISA・マスターはだめ、アメックスだけ」というような場面には出会ったことがありません。

(追記:コストコ実店舗はVISAのみ。引越し直後にコストコに行きたい&日本のカードで払いたい方はVISAを!)

アメックスはまれに使えないお店があります。

JCBはかなり存在感が薄いのでご注意くださいませ。

 

そして、少なくとも2枚は日本のカードがあると安心かと思います。

数年前の一時帰国中、不正利用により日本のクレジットカードが一枚使えなくなってしまったんです。。

あの時はすごく困りました。

前述の通り、日本のお店は海外発行のカードが使えない場合も多いんです。

日本のクレジットカードが二枚あってよかった。

 

なので、海外生活が1~2年と分かっている場合はお持ちの日本のクレジットカードをそのままキープでよいかもしれません。

ですが!海外生活が長くなりそうな場合は、

  • そのまま全部のクレジットカードをキープするか?
  • 年会費無料のカードに切り替えるか? 

ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

私も遅ればせながら、一時帰国に合わせて受け取れるよう年会費無料のクレジットカードに申し込み、有料のクレジットカードを解約しました。

住所は実家にしています。

 

新しいクレジットカードは下記4点の条件で選びました。

・年会費無料(絶対条件!)
・高い還元率
・ポイントの使いやすさ
・本帰国後にも使い続けたいかどうか

 

年会費無料でも魅力的なクレジットカードって沢山あるんですね。

ご参考までに、候補に挙がったクレジットカードをご紹介します。

 

海外赴任中におすすめ!年会費無料のクレジットカード 

楽天カード

【楽天カードの主な特徴】

年会費 永年無料
貯まるポイント 楽天ポイント
還元率 100円で1楽天ポイント(1%還元)
※楽天での利用は2~3倍
ポイント利用方法 楽天での利用、カード支払い代金など
ポイント有効期限

最後の加算日から1年後まで 
※加算がある限り実質無期限

カード付帯保険 海外旅行傷害保険
入会特典 あり(5,000円分のポイント)

 

ご存じ楽天のクレジットカード。

還元率が高く、ポイントが使いやすい点が魅力的!

海外に住んでいても日本の楽天を使う機会は意外とあるので、私も楽天カードを作りました。

 

詳細を確認する>>楽天カード

 

エポスカードVisa

【エポスカードVisaの主な特徴】

年会費 永年無料
貯まるポイント エポスポイント
還元率 200円で1エポスポイント(0.5%還元)
※丸井での利用は2倍
ポイント利用方法 プリペイドカード・商品券・マイル等に交換
丸井・ネット通販の代金にも利用可
ポイント有効期限 加算日より二年間
カード付帯保険 海外旅行傷害保険
入会特典 あり(2,000円分のポイント)
その他特典

年4回丸井で10パーセントオフ
約一万店の優待
ETCカード無料

 

エポスカードといえば丸井、というイメージでしたが、約1万店の優待があったり、海外旅行傷害保険もついていたりと、サービス盛沢山のカードです。

妹が持っているので話を聞いたところ、「持っていて損はない」と勧められました。

 

詳細を確認する>>エポスカードVisa

 

リクルートカード

【リクルートカードの主な特徴】

年会費 永年無料
貯まるポイント リクルートポイント
還元率 1.2%還元
※リクルートのサービス利用時は追加で1~3%還元
ポイント利用方法 PontaポイントやJALマイルなどに交換可能
ポイント有効期限 最後の加算日から1年後まで有効
※加算がある限り実質無期限
カード付帯保険 国内&海外旅行傷害保険
入会特典 あり(最大6,000円分のポイント)

 

ホットペッパービューティやじゃらんを運営しているリクルートのリクルートカード。

どこでつかっても1.2%還元なんてすごい!

年会費無料のクレジットカードでは最も高還元率ではないでしょうか。

楽天は使わない人のメインカードにとても良さそう。

しかも入会特典は最大6,000円分だなんて太っ腹ですね。

 

詳細を確認する>>リクルートカード

 

まとめ:海外赴任前に日本のクレジットカードを見直そう

楽天、丸井、リクルート、、と、ご自身の生活スタイルに合わせて選べますね。

私は一時帰国前後によく楽天を使うので、楽天カードを作りました!

思ったよりもざくざく楽天ポイントが貯まります。もっと早く作ればよかったです。

本帰国したらエポスカードとリクルートカードも作ろうかなぁ、と考え中です。

 

↓↓詳細を確認する↓↓

楽天カード

エポスカードVisa

リクルートカード

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

▼関連記事

海外引越し(アメリカ・NY)まとめ 準備一覧

海外引っ越し(アメリカ・NY)準備 美容編

海外(アメリカ・NY)引っ越し準備 家具・寝具編

海外(アメリカ・NY)引っ越し準備 キッチン用品編

海外引越し準備 防災グッズ~マンハッタンの停電を経験して

 

-海外引っ越し

© 2021 ニューヨークでおひるね