NYでお昼寝

ニューヨーク在住駐在妻です。アメリカ国内・国外旅行や観光、NY情報について綴ります。

JAL 国際線ビジネスクラスのアメニティキット一覧【2018-2019年】

JAL国際線ビジネスクラス(長距離)に乗るともらえるアメニティキット。

2019年8月下旬にリニューアルされ、2020年現在は「MAISON KITSUNÉ(メゾンキツネ)」「BEAMS(ビームス)」とコラボレーションしたポーチがもらえます。

 

この記事では、実際に入手したリニューアル後(2019年)の最新アメニティキット、そしてリニューアル前(2018年)のアメニティキットをご紹介します。

搭乗中に使うだけでなく、持ち帰りももちろん可能です!

 

JALビジネスクラスのアメニティキット変遷をお楽しみくださいませ。

 

対象路線:ヨーロッパ、アメリカ(ハワイ・グアム線を除く)、カナダ、オーストラリア線

 

 

JALビジネスクラスの最新アメニティキット(2019年8月以降)

 

「メゾンキツネ」コラボポーチ

日本発便はファッションブランド「MAISON KITSUNÉ(メゾンキツネ)」とのコラボレーション。

メゾンキツネが航空会社とコラボするのは今回が初めてなのだとか!

 

JALメゾンキツネアメニティ

高級感のある黒、シンプルなマチなしポーチ。

これは普段使いもしやすい!

近年で一番当たりのポーチかも。

 

ポーチの内側までしっかり造られています。

JALメゾンキツネアメニティ内側

富士山モチーフのデザインがおしゃれ!

 

リップクリームもメゾンキツネのオリジナルデザイン。

JALメゾンキツネのリップクリーム

写真左はリーフレットです。

 

その他の中身は通常のJALアメニティです。

JALメゾンキツネアメニティの中身 

アメニティ内容:歯磨きセット、耳栓、アイマスク、ティシュペーパー、保湿マスク、リップクリーム(*)
(*) 「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」ポーチ内のリップクリームは、「MAISON KITSUNÉ(メゾン キツネ)」オリジナルデザイン

参照:JAL国際線ビジネスクラスに8月下旬より新アメニティキットが登場 | プレスリリース | JAL企業サイト

 

「ビームス」コラボポーチ

 

海外発便はセレクトショップ「BEAMS(ビームス)」とのコラボレーション。

 

こちらはマチありポーチ。

メゾンキツネが大当たりだっただけに、個人的に少々残念感がありました・・・。

JALビームスアメニティ

反対側

JALビームスアメニティ反対面

 

側面にビームスのタグ付き

JALビームスアメニティ側面

 

ポーチ内側もいたって普通。

JALビームスアメニティ内側

メゾンキツネのような高級感は感じられず、もはやビームス名乗らない方がよいのでは・・・と勝手ながらひやひやしてしまいました。

 

季節に合わせて4パターンあるそうで、上の写真は秋バージョンです。

JALビームスアメニティの種類

 

リニューアル以前、海外発便のアイマスクは「蒸気でホットアイマスク」だったんですが、普通のアイマスクに戻ってしまいました。

私は「蒸気でホットアイマスク」好きだったんですが、賛否あったんでしょうか。残念。

 

JALビジネスクラスのアメニティキット(2018年2月~2019年8月)

 

2018年2月から2019年8月まで日本発便は「ETRO(エトロ)」、海外発便は「瀧村美術織物」とのコラボレーションしたアメニティキットでした。

f:id:newyorkblog:20180410043147j:plain

 

写真右上がエトロ、左上が瀧村美術織物のポーチになります。

 

「エトロ」コラボポーチ

エトロは1968年創業、イタリア・ミラノの高級アパレルブランド。

エトロが航空会社とのコラボレーションするのはこの時が世界初だったそうです。

JALビジネスクラスのエトロ

(黒字のマークとロゴは包装に書かれているもので、ポーチの柄ではありません) 

 

リップクリームもエトロのオリジナルデザインでした。

 

「瀧村美術織物」コラボポーチ

瀧村美術織物は1894年創業の、京都・西陣織の老舗ブランド。

 

織物のデザインには伝統的な吉祥文様の亀甲柄(*1)に日本の風雅を表す雪月花(*2)とJALの鶴が描かれています。そして織物の色を約3カ月ごとに変更することで、日本の四季が表現(青-青春、赤-朱夏、白-白秋、黒-厳冬)され、日本を訪れるお客さまに、日本らしさを感じていただけるよう、「伝統、革新、日本の心」を体現しています。

参照:JAL国際線ビジネスクラスにてアメニティキットを提供中|ニュースリリース|龍村美術織物(京都)公式サイト

 

とのことで、日本到着便に日本らしい織物のポーチを採用・・・JALさんの気合感じます。

 

「青-青春」

f:id:newyorkblog:20180410045611j:plain

このポーチすごく好きです!

普段使いも十分できるクオリティ!

一見シンプルなのに、よく見るとこだわりの亀甲柄と雪月花、控えめなJALマークという凝ったデザイン。西陣織ってすてき。

 

「赤-朱夏」(写真左)

f:id:newyorkblog:20180808040545j:plain

 ※写真右はエトロです。色が上手に撮れなかったのですが、実物はもっと赤みが強いです。

 

「黒-厳冬」

JAL龍村美術織物ポーチ黒

(白いマークとロゴは包装に書かれているもので、ポーチの柄ではありません) 

 

これ何バージョンだろう?白じゃないし、黒でもない・・・??

JALビジネスクラスアメニティポーチ

 

前述の通り、瀧村美術織物とコラボしていた時期だけ海外発便のアイマスクが「蒸気でホットアイマスク」だったんです。また戻らないかな。

リップクリームはメンタームでした。

 

まとめ:アメニティキットに出る個性

2017年まではゼロハリバートン、その前はTUMI、と「ザ・ビジネス!!」感の強かったJALのアメニティキット。

近年の変更ではかなり日本国外客の取り込みを意識しているのだなと感じられます。

 

▼2017年にいただいたJALとANAのアメニティキット詳細の比較記事はこちら!

JAL vs ANA 国際線ビジネスクラス・アメニティキットの中身を徹底比較【2017年】

www.ny-blog.com

 

▼一時帰国におすすめ!

【一時帰国おすすめ】「WiFiレンタル屋さん」リピートしている6つの理由